Woman looking at a shop - marketing research banner
Tobii Pro Glasses 3

News

Tobii Pro グラス 3 新登場

画角が広がり手元も見逃さない!
パソコンを持ち運ぶことなくスマホで録画再生!
G3保護レンズにより屋外計測も強化!


くわしく見る

アイトラッキングがマーケティングに活用されている理由

アイトラッキングは、消費者の無意識・本音を読み解くことができます。「注意、興味」を可視化し、インタビュー / アンケートまたは脳計測と組みあわせて「印象・記憶・理解」の理由を探ることができます。
「何が注目を集めているのか」、「どの要素が購買行動に影響を与えているのか」、「消費者がどのように商品やサービスと関わっているのか」が分かります。

Woman shopping in a grocery store

店頭調査 

アイトラッキングは実店舗とオンラインの双方で活用されています。購買プロセスにおいて何が注目を集め、何が意思決定を促すのかのヒントを得ることができます。また、リテールに対し、消費者が選びやすい / 売上アップにつながる棚割を提案するための資料、裏づけとなるデータを取得できます。

くわしく見る

Man looking at packaging information

パッケージ調査 

パッケージのどの要素を見て、どう思ったのか / 購入に至ったのか、競合他社と比べて注意を引くデザインか、新しいパッケージ作成の際に同じブランドと理解されているか、などパッケージ調査に活用できます。

くわしく見る

Woman looking at advertising

広告調査

消費者がどのように広告を見ているか、どのような要素が最も注目を集めるかなど明らかにすることで、販促物の最適化ができます。

くわしく見る

Man looking at a mobile phone

ユーザービリティテスト

製品のユーザビリティに関する問題が「どこで、なぜ」起きているかを
明確に洗い出すことができます。意図通りに操作されているか、見ているのか / 見ていないのか、見たけど理解できなかったのかなど、理由を含めて明らかにすることができます。

くわしく見る

Woman driving a car using Tobii Pro Glasses 3 wearable eye trackers

車載機器開発

アイトラッキングはDMS、ADAS、HMI、インフォテイメントシステム開発に活用されています。

くわしく見る

事例

商品パッケージを最適化 – ユニリーバ様

ユニリーバ様は店頭で消費者が商品パッケージとどのように関わるか調査しました。グローバルFMCG企業がアイトラッキングを使用したのは、従来の方法よりも消費者の行動を詳しく把握できるからです。

顧客

unilever logo

"アイトラッキングを使用すると、それまで考えてもいなかったインサイトが手に入ります。" 

Jeroen van der Kallen
ユニリーバ、欧州カスタマーインサイト&イノベーションマネージャー

Carlsberg logo

"見込み顧客の視線を計測すると、これまでわからなかった意思決定プロセスが明らかになりました。" 

Jonas Yden
カールスバーググループ インサイト&イノベーション部長  

Yan Hass logo

"アイトラッキングは単なる調査ツールではありません。他の従来の方法より商業コンテンツに関する多くの洞察を得ることができました。" 

Catalina Mejia
CEO, Yan Haas SA 

Logos for Tobii Pro MRUX customers

関連記事

Shopper Research with Tobii Pro Glasses 2 Eye Tracker and Live View Function

ブログ記事

マーケターが行動調査をする理由とROI

消費者行動を理解することが製品をより良くすることの鍵である理由と、消費者行動を理解することへの投資をどのように正当化するのかを解説します。.

くわしく見る

Tobii Pro Sprint meeting with customers

ブログ記事

アイトラッキングとUX調査

アイトラッキングはUX向上を考えるときのすべての疑問に答えるわけではありませんが、他の方法とは違う独自の視点を与えます。

くわしく見る

A heat map generated in Tobii Pro Studio software

ブログ記事

4つの重要なタッチポイントで消費者の注目を集める

消費者を深く理解し、より多くの注目を商品に集める方法を解説します。

くわしく見る