Focus on a baby blue eye
Tobii Pro Glasses 3

News

Tobii Pro グラス 3 新登場

4つのアイカメラと16個のLEDをレンズに内蔵、視野を遮りません。
対角106°と画角が広がり、手元作業も自然な状態でデータを取得します。
G3保護レンズにより屋外計測も強化。幅広い研究環境での活用が可能となりました。

 

くわしく見る

Baby in front of an eye tracker used for child development research

赤ちゃんと子どもの調査・研究

トビーのアイトラッカーは、乳幼児および子どもの研究者にも使われています。誕生から少年期までの子どもたちの知覚的、認知的、社会的感情の発達などの研究に活用されています。

くわしく見る

TobiiPro-a-person-wearing-ProGlasses2-syncronized-with-EEG-2_1_tiny

心理学と脳神経学

眼球がどのように動き、どんな情報を視界から得て、脳や心理に影響を及ぼすのか明らかにします。脳波や脳血流、心拍など他の生体計測との組み合わせによって、より深い分析・幅広い研究が可能にします。

くわしく見る

Tobii Tech Market - Medical

臨床研究

臨床研究の領域でも、アイトラッキングの活用例が増えています。眼球疾患や自閉症スペクトラム障害(ASD)、ADHD、パーキンソン病などの精神・神経疾患の研究に使用されています。

くわしく見る

スポーツ分野での研究

スポーツ分野では、アスリートの個々の能力を知ることや、注意集中、視覚探索、起動推測、ハンドアイコーディネーション(視覚で得た情報から行動に移すまでの脳神経のプロセス)などにおける欠点を見つけるといったことに使われています。

くわしく見る

資料請求やwebサイト未掲載の事例についてはお気軽にお問合せください。
お電話の場合は03-6420-3990までご連絡ください。

資料請求・事例について問合わせる

Tobii_Pro_case_study_Lund_University_eye_tracking_lab_.jpg

活用事例

Lund大学

Lund大学人文科学研究室では、研究と教育の両方の目的のために眼球追跡を提供してきました。研究室は最近、17台のTobii Pro スペクトラムと3セットのTobii Pro グラス 2を活用し、様々な学部で研究しています。

事例を見る

その他の事例を見る

顧客

Univerisity logos of the Tobii Pro customers

関連記事

Eye tracking study small child Tobii Pro Fusion

ブログ記事

アイトラッキング研究におけるバイアスの克服

行動科学におけるバイアス克服にアイトラッキングが活用されています。

くわしく見る(全文英語)

Person teaching a class

ブログ記事

教育研究へのアイトラッキングの活用

Jessica VandenPlas博士は、教育方法を改善するためにアイトラッキングを活用しています。

詳しく見る(全文英語)

Tobii Pro Lab Software User Interface

オンラインセミナー

Tobii Pro ラボのご紹介

Tobii Pro ラボについてご興味のある方に、機能やTobii Pro スタジオとの相違点などについて詳しく解説します。

オンラインセミナーを視聴する(英語での解説)